新年のご挨拶

 新年おめでとうございます。

年頭に当たり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 旧年中は新型コロナウイルスの影響の中、皆様方には、様々なご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 昨年は「辛丑(かのと・うし)」で、時代の転換期として、これまでの固定観念をさらに変え、それを動かしていく時だと言われ、この機会を現状から成長していく最適の機会ととらえ、感染防止のため様々な対策を行い、業務プロセス自体を変化させ、業務効率化をはかりました。

 今年は「寅年」。干支では「壬寅(みずのえ・とら)」で「壬」が持つのは女性のお腹に子供を宿す「妊」の一部であることから「生まれる」という意味があり「寅」はもともと「演」が由来といわれ「人の前に立つ」演と同じ読みの「延(えん)」から「延ばす・成長する」という意味を持っています。この2つの組み合わせである壬寅には「新しく立ち上がること」や「生まれたものが成長すること」といった縁起のよさを表しています。

 また2022年は36年に一度の「五黄の寅(ごおうのとら)」であり、十二支と古代中国の民間信仰である九星(きゅうせい)を組み合わせたもので、九星の「五黄土星(ごおうどせい)」と十二支の「寅年」が重なることをいいます。五黄の寅の年は、五黄土星の「周囲を圧倒するパワー」と寅年の「強い正義感と信念、行動力」をあわせ持つ、強い運勢を持つと考えられているのです。

 新型コロナウイルス感染症という厳しい冬を越えて、芽吹き始め、新しい成長の礎となるよう業務効率化をはかり、入所者様、利用者様の「安心」「安全」に努めてまいりたいと考えております。

 一日も早く、諸行事が再開できるようになり、皆様とお目に掛かれることを切望しております。

 皆様のお力、ご協力などをいただきながら、地域に根ざし、共生できる施設として、職員それぞれが力を合わせて信頼にお応えできるよう、今後も努力してまいりますので、本年もこれまで同様のご支援を心からお願い申し上げます。

 末筆ながら、皆様のご多幸とご健康を祈念し、新年の挨拶とさせていただきます。

 

   令和4年(2022年)1月1日

 

                         社会福祉法人ほほえみ福祉会

                         特別養護老人ホームほほえみの里

 

                         施設長  猪狩 真典

スタッフブログ

「ほほえみ通信」

2022年

3月

06日

ひままつり

続きを読む

2022年

2月

08日

節分

続きを読む

社会福祉法人ほほえみ福祉会

 

〒963-7704

福島県田村郡三春町

   大字熊耳字神山287番地

    TEL:0247-61-5622

    FAX:0247-61-5623